ヨルムンガンド

ヨルムンガンドのイラスト

概要

ヨルムンガンド(Jormungandr、またはミズガルズ蛇)は、北欧神話に登場する巨大なウミヘビのモンスターである。悪神ロキと巨人アングルボザの子供の一人であり、終末戦争ラグナロクで猛威を振るった強敵として知られる。

形態

世界を一周するほどの巨大なウミヘビの姿をしている。

特徴

  • 猛毒を武器とし、噛みつき攻撃だけでなく強烈なポイズンブレスも得意とする。また、その巨体から移動するだけで津波を起こすことができる。
  • 雷神トールとの因縁が深いモンスターである(合計で3回戦っている)。ラグナロクではトールとの死闘の末、相打ちになっている。

ヨルムンガンドの兄弟

ヨルムンガンドは魔物3兄妹の次男である。兄にフェンリル、妹にヘルがいる。